人間にとって排尿とは、体内でいらなくなった老廃物(尿や便の他、吐く息や汗などと一緒に排出されます)を出すための行為であり、この排尿がうまく出来ないと体中に毒素が回ってしまい、害を及ぼしてしまうので、体に取って非常に大切な行為と言えます。では、尿は体の中でどのように作られているのでしょうか。尿を作ったり溜めておいたり排尿したりするのが、泌尿器という臓器です。この泌尿器に、体中のあらゆるところでいらなくなったものを吸収した血液が送り込まれ、その泌尿器の一部である腎臓で流れこんできた血液をろ過します。腎臓では体に必要なタンパク質などは血液に戻し、そうではない糖分や塩分や老廃物などはろ過して、原尿を作ります。この原尿は尿管を通り、膀胱へと送り込まれます。その時に、尿管でもう一回、必需品とそうでないものとのろ過が行われるでしょう。そして、尿管で再度ろ過されたものが、日常、私たちが排尿している尿として、膀胱に溜められるだといわれています。このようにして一日に作られる尿は、おおよそ1000ml〜1200mlだと言われています。腎臓などの泌尿器が正常であれば、どんどん尿が作られていくことになります。膀胱に溜められる尿はおおよそ300ml〜500mlで、尿が膀胱に溜まっている間は、尿道が栓の代わりとなって尿が出ないようになっています。膀胱内に溜まる尿が150mlぐらいになってくると、膀胱壁が刺激されて膀胱から脊髄の神経を通り、脳に尿が溜まったという信号が送られ、尿意を感じるのです。脳で排尿の準備が完了したら、膀胱をしぼませると同時に尿道を膨らませ、一気に排尿しますー